iPhoneやAndroidなどのスマートフォンへの疑問や悩みを解決し隊  スマホレスキュー大阪のブログ  

スマホ好きのみずっちが実際に体験した見聞をお伝えして スマホのお得な購入の仕方や操作方法などの知識と情報をご紹介していくブログ

携帯出荷、値引き規制で大幅減 00年度以来最低 国内メーカー終わりの始まり

国内スマホメーカー終わりの始まりやろな

 

気になるニュースが朝日新聞に書いてありました  

 

携帯出荷、値引き規制で大幅減 00年度以来最低

 http://www.asahi.com/sp/articles/ASJCB4VGPJCBULFA010.html

 2016年度上半期(4~9月)に、国内向けに出荷された携帯電話は前年同期比10・9%減の1518万台で、半年間としては00年度の調査開始以来最低だったことがわかった。総務省が「実質0円」などの過剰な値引きを禁止したためだ。特に国内勢の落ち込みが大きく、通信大手3社だけに頼らない戦略にかじを切り始めている。

 

f:id:mizzn60:20161112225605j:image

MM総研が10日発表した。スマートフォンは同8・4%の減少。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク(ワイモバイルを含む)の大手3社向けスマホが同13・1%減だった一方、格安SIM業者向けのスマホは同79・1%増えた。大手の安売りが減ったことで利用者が格安業者に流れたとみられる。従来型携帯(ガラケー)は同19・7%減だった。
 スマホのメーカー別では、スマホ全体の約5割を占めるアップルが同3・1%減の617万台だった。アップルのシェア1位は「iPhone(アイフォーン)4s」が出た11年度下半期から10半期連続だ。今年9月発売の「7」は当初の出荷が少なく、統計への影響はほぼなかったという。
 国内勢ではシャープが同46・4%減、ソニーモバイルコミュニケーションズが同28・5%減。ともに通信大手3社を中心に端末を供給している。一方、格安SIM業者向けの出荷が増えた富士通は同3・2%減にとどまった。京セラは、ソフトバンク系のワイモバイルで売る端末が好調で同4・9%増えた。
 MM総研は「スマホガラケーともに買い替えのサイクルが延び、同じ端末を長く使うようになっている」と分析している。(上栗崇)

 

業界唯一ワイモバイルだけが伸びてるのは有名な話なので京セラはウハウハといたところ。富士通SIMフリーという道でなんとか生き残りを模索中、シャープもそれに続いていく感じでしょう

0円端末優遇というよりはiPhoneにノルマがあったことと、一番安かったから売れていただけという側面ですよね。

iPhone値上げということだけは総務省の理にかなってるのかもしれませんが、違うことばかりなのでなんとも

ソニーSIMフリーに舵を切ってくれるとうれしいんですがね

さてどうなりますやら