読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンへの疑問や悩みを解決し隊  スマホレスキューのブログ  

スマホ好きのみずっちが実際に体験した見聞をお伝えして スマホのお得な購入の仕方や操作方法などの知識と情報をご紹介していくブログ

2月のスマホ販売は半減 「実質0円終了」が影響

ニュース
やっぱりなあという感じでございます
一月末のキャッシュバック自粛からの大失速でしょう

2月のスマホ販売は半減 「実質0円終了」が影響


この記事の元ネタがこちら

BCNは、キャリア各社が終了と宣言した“実質0円”の販売方法について、1月までの駆け込み需要と、その反動による2月の販売減の実態を分析し、レポートを発表した。同社は全国の家電量販店23社の販売データに基づき分析しており、いわゆるキャリアショップは分析の対象外。
 総務省からの“要請”や関連するガイドラインの策定を受け、NTTドコモKDDIソフトバンクの3社は、スマートフォンを“実質0円”などとする販売方法を2月から止めている。2月に入って決算会見を開催していたKDDIは、auショップの来店者数について「大幅に減っている。現時点では読めない」(田中社長)と、見通しの悪さを語っていた。

1月の駆け込み需要、前年比でドコモは4割増、アップルは約7割増
 BCNによると、“実質0円”終了を控えた駆け込み需要は12月から本格化。1月に入るとスマートフォンの販売台数は前年同月比138.6%と大幅に増加した。
 1月の駆け込み需要をキャリア別でみると、最も販売を伸ばしたのはNTTドコモで、前年同月比139.7%。ソフトバンクは137.5%、auが135.6%で、いずれも4割弱の増加になった。
 メーカー別でみると、1月の駆け込み需要で最も販売台数が伸びたのはアップルで、前年同月比は166.2%だった。次は京セラで、135.1%。 
2月の反動減、auソニーモバイル
 2月に入り、駆け込み需要の反動で販売台数が減ると、全体では前年同月比82.5%と急激に落ち込む結果になった。最も下げ幅が大きかったのはauで、前年同月比67.6%だった。ドコモは68.6%、ソフトバンクは77%。
                                                                           メーカー別では、2月に最も縮小したのはソニーモバイルで、前年同月比58.3%と大幅に落ち込んだ。次いでアップルが71.9%だった。BCNによれば、「ソニーモバイルはこのところ継続的に前年割れが続いており、2月の『実質0円』終焉がさらに追い打ちをかけた」としている。 
2月にさらに伸ばしたY!mobile
 3キャリアの動向とは対照的な結果になったのが、ソフトバンクの「Y!mobile」ブランド。各社が駆け込み需要に沸く1月は前年同月比155.4%と販売台数を伸ばし、2月は170.2%とさらに拡大。BCNでは、3大キャリアのブランドとは料金体系が異なり、安価であることが伸びた要因としている。

SIMフリースマホも堅調
 SIMロックフリーとしてMVNOやメーカーブランドで販売されているスマートフォンの販売台数は、2月に前年同月比156.3%と大幅に伸ばした。キャリアの反動減などもあり、2月のスマートフォン販売に占めるSIMフリースマートフォンの割合は17.9%と、過去最大になっている。
 SIMフリースマートフォンを手掛けるメーカーの販売台数は堅調に推移している。販売台数の伸びはプラスワン・マーケティングは前年同月比で429.8%と急速に拡大しており、次いでファーウェイも196.4%と大きく伸ばした。シェアでは9位の富士通も145.2%の伸びをみせている。
 2月は0円廃止の反動ということですが
このデータはあくまでも携帯ショップ以外の量販店
のポスデータなので 話半分で考えるべき

ただ噂になってたジャパネットたかたでワイモバイルのタブレットスマホをテレショップで紹介してから問い合わせが多いけど 、ワイモバイルショップとは入りにくいので量販店に流れてるという説は間違いないようでございます

3月のドコモの一括0円機変キャンペーンなどの
反撃宣言も起こり始めております

明日はその辺りの話題でも