読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンへの疑問や悩みを解決し隊  スマホレスキューのブログ  

スマホ好きのみずっちが実際に体験した見聞をお伝えして スマホのお得な購入の仕方や操作方法などの知識と情報をご紹介していくブログ

ドコモが「iPhone6s」1万円値上げ  来月から、2社も追随へ 

f:id:mizzn60:20160120094759j:plain

(ノ∀‘)ノ∀‘)ノ∀‘)ジェットストリームアチャー

1GBプランなんて意味ないこと解ってましたけどね

 



www.sankei.com

 

NTTドコモは2月1日から、米アップルの「iPhone(アイフォーン)6s」を1万円程度値上げする。2年契約の際、端末代金の割賦支払い分とほぼ同額を通信料金から差し引き、本体価格を「実質0円」とする販売方式を改める。携帯電話大手3社は月内に「実質0円販売」の是正策を総務省に報告する予定で、KDDIソフトバンクも追随する見通しだ。  ドコモでは現在、メモリー16ギガ(ギガは10億)バイトのアイフォーン6sの場合、毎月の通信料金から約3500円割り引く「月々サポート」により本体価格を実質0円としている。これが2月以降は1万円程度となる。

 

アイフォーン上位機種も、現在の本体価格から1万円前後値上げとなるほか、他社の最新機種も実質0円での販売をやめる。  ただ、1契約当たり2万~4万円程度をドコモが販売店に支払う「販売奨励金」は基本的に継続する。型落ちの旧モデルは在庫処分のため値引き販売が必要となり、旧型端末の一部では実質0円での販売も残る見通しだ。     

 

ドコモは月末の平成27年4~12月期決算会見時に、割引制度の見直しと、家族向けのデータシェアパックに新たに7ギガバイト前後の料金プラン新設を表明する見通し。  総務省は昨年12月、実質0円での販売の適正化や、データ通信量の少ない利用者向けに、割安な料金プランの導入を携帯大手3社に要請。3社は1月末までに是正策を報告する。

 

割引制度の見直しと、家族向けのデータシェアパックに新たに7ギガバイト前後の料金プラン新設を表明する見通し

 

観測気球キタ――(゚∀゚)――!!

 

データシェア10以下の7GB誕生ですか
でも学割とかスマホライトとか(震

円高なのにiPhone値上げか(白目

 

決算発表は1月29日午後5時からなのか

期待せずに待つとしますか