読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンへの疑問や悩みを解決し隊  スマホレスキュー大阪のブログ  

スマホ好きのみずっちが実際に体験した見聞をお伝えして スマホのお得な購入の仕方や操作方法などの知識と情報をご紹介していくブログ

「スマホ老眼」 20、30歳代に増加

なんか最近増えてるようですねスマホ老眼

 

 

www.yomiuri.co.jp

 

 

みさき眼科クリニック(東京都渋谷区)院長の石岡みさきさんは
「確かに増えている。医学用語ではないが、いわゆるスマホ老眼で、目の酷使が原因」と話す。  

「手元が見づらい」「日によって同じ場所にあるものが見えたり、見えなかったりする」など、老眼の初期症状のような悩みを抱える20、30代の来院者は、2、3年前まで月に2、3人だったが、今は10~20人。視力には特段の異常はないが、ピント調節がスムーズに行えないのが特徴だ。  

 

近くを見る際は、毛様体という筋肉の働きで、レンズの役割を果たす水晶体の厚さを変える。老眼は加齢に伴い、水晶体が硬くなったり、毛様体が衰えたりして、ピント調節ができなくなる現象。40歳ぐらいから兆候が出る。  

 

一方、スマホ老眼は、医学的には「調節緊張」と呼ばれる症状だ。近くを見続けるなどした結果、筋肉が凝って、ピント調節ができなくなる。老眼ではなく、症状は一時的なことが多いが、重篤化すると、ピントが固定されたままになることがある。

 

 

つまり老化ではなくピントの固定しすぎで老眼になってしまうのか

 

改善するには

 

 

 

 パソコンやスマホを1時間続けたら10~15分休み、遠くの景色をながめる。立体的で、奥行きのある風景画などを見るのも良い。目を温めると、疲れを取る効果がある。「症状が改善しない場合は眼科を受診してください」

 

休憩が必要ということですよね

気をつけましょう